君はどれを選ぶ?陰茎を長くする方法アレコレ

陰茎を長くする方法はたくさんあるので最適なものを選ぼう

 

陰茎を長くするにはどうすればいいでしょうか?
人間色んな外見に対するコンプレックスがありますよね?
身長が低い、髪が薄い、足が短い、陰茎が短いなどなど。
ここでは、陰茎を長くすることに成功した男性の体験談を紹介したいと思います。
それぞれの男性の選んだ方法は何だったのか、その結果はどうだったのでしょうか。

 

増大サプリ体験ブログ

 

まずは28歳のAさんです。
Aさんは、いわゆる、ネット系のビジネスで活躍している方です。
毎月の月収は200万円を超える、リッチな男性です。
Aさんの悩みは陰茎が短いということです。
勃起時の陰茎の長さは勃起時で8センチです。
お金持ちなので女の子はいくらでも寄ってきます。
短小でもセックスの相手には困っていないのですが、男としてのプライドをかけて陰茎を長くすることにしました。

 

リッチなAさんの選んだ方法は長茎増大法という手術でした。
長茎増大法は、下腹に潜り込んでいる陰茎の根っこの部分を引っ張って陰茎を長くする方法です。
手術費用はなんと80万円。

 

手術の結果、Aさんの陰茎は3センチ長くなりました。
1ヶ月の禁欲期間を経て、セックスをしたけど、セックスした感じは以前と全く変わらないとのことでした。
特に女性がめちゃくちゃ喜んだとか、持続力がついたとかそういったことは何もなかったそうです。
ただ、平常時の長さが3センチ長くなったので、Aさん的には満足だそうです。

 

 

 

つづいて33歳のBさんです。
Bさんは結婚を考えている彼女のいる会社員です。
そろそろ彼女と結婚したいし、子供も欲しい。
そんなBさんの悩みは陰茎が短いことと、中折れです。
陰茎の長さは勃起時で10センチ。
しょっちゅう中折れするので、Bさんの彼女は不満そうです。
このままだと結婚してもらえないかも。
そんなBさんが選んだ方法は、ゼファルリンというサプリメントです。
サプリメントの値段は1ヶ月分で14,800円です。1日あたり約477円になります。
この出費を高いととるか、安いととるかはその人次第ですが、なんとしても彼女と結婚したいBさんには安い買い物でした。
Bさんはたまに飲むビールをやめ、そのお金をサプリメント代にあてることにしました。
サプリメントは即効性はありません。
根気よくサプリメントを飲み続けること3ヶ月。
サプリメントを飲み始めてから、疲れにくくなったり、精子の量が増えたりと体が若返ったのを実感したので、手ごたえを感じていたようです。
3ヶ月経過した時点で、Bさんの陰茎の長さは2センチ長くなりました。
中折れせず、疲れ知らずです。

Bさんにとって一番嬉しかったのは、彼女がセックスに満足してくれるようになったことです。

 

最後は20歳学生のCさんです。
Cさんの陰茎の長さは勃起時で9センチです。
友人同士で海に行ったり旅行に行ったりすることも多く、人より小さ目の自分の陰茎にコンプレックスを感じてました。
学生で、アルバイト収入しかないCさんに陰茎を長くするために使えるお金はありません。
そんなCさんはアンドロペニスという陰茎けん引器具を試してみることにしました。
けん引器具なら、14,800円の初期費用だけお金はかかりますが、その後は費用が一切かかりません。
アンドロペニスはシリコンの輪っかに陰茎を通し、さらに棒で固定した上でけん引するので、Cさんのように、カジュアルな服装で日中生活することのできる人向けです。
アンドロペニスの装着は難しいので、慣れるまでに2週間くらいかかりました。
けん引は整形外科でも行われている治療方法の一つです。
背骨の一つ一つの骨の間隔が狭くなっている、椎間板ヘルニアの人の治療に用いられます。
ベットに寝た状態で、背骨を引っ張って骨の間隔を広げるのです。
それと同じ要領のアンドロペニスですが、3ヶ月経っても陰茎は1センチしか長くなりません。
Cさんはこれ以上けん引を続けるモチベーションを失くし、やめてしまいました。

 

以上3人の男性の体験談です。
陰茎を長くしたいだけで、お金があるならAさんのように手術が一番効率がいいですね。
Bさんのように、長さだけでなく精力をつけたい、勃起力を取り戻したいというのなら、時間がかかってもサプリメントを飲むのがいいと思います。
けん引器具はCさんには効果はありませんでしたが、効果の出方は人それぞれなので、試してみる価値はあるかもしれません。